So-net無料ブログ作成
検索選択

帰ってきたヒトラー [映画]

原題:Er ist wieder da.

ヒトラー役の方の演技が真に迫りすぎてて怖い。
予告どおりの映画と思ったら大間違いです。



過去の過ちを繰り返すまいと
ギリギリのところで思いとどまっているドイツ国民が
想像以上に右傾化しているという現実を目の前に突きつけられて
呆然としてしまいました。

続きを読む


デッドプール(ネタバレあり) [映画]

R15指定。
デッドプール以外の何物でもありませんでした。
とりあえず鑑賞のために買ったムビチケは
deadpool.jpg

これで正解だったみたいです。
オープニングクレジットで
「真のヒーロー:脚本家たち」とあったんですが
まあ、間違いないかなあと。
現在と回想を行き来する構成が神がかっていたので
すごい、こんなこともできるんだ と感心しました。

漫画や小説ではよくある手法なのかもしれないですが
それを無理なく映像で繋げるのって、結構難しいんじゃないかなあと。

この話がX-MENのスピンオフであるということについては
観てる人がわかっていることを前提に観る側に丸投げ、とか
デッドプールでなければできないことを平気でやってきてましたが
そこはデッドプールなのでしょうがないと思います。

しかし、カップルで見に来ると
だいたい彼女が怒って帰っちゃうという噂でしたが、
エンドロール突入時に席を立ったのは初老のご夫婦一組だけで
他は全員エンドロール後まで待ち
エンドロール後のおまけで笑うという訓練された人ばかりでした。
見た限り、もめてるカップルは0。訓練され過ぎぃ!

スタン・リー御大はストリップバーのDJやってました


キングスマン [映画]

マシュー・ヴォーン監督作品だということと
宇多丸さんの『ムービーウォッチマン』に後押しされて
観てきました。

PG15でこれなら
成人指定の『キックアス2』は観に行かなくて正解だったんだなー。

スパイ映画、というかエージェント映画との触れ込みですが
だいぶコミカル(というか、漫画的)でドライな印象を受けました。

こちらはX-MEN First Class観たことあるものですから、
合宿映画好きなのね、とか
お屋敷空撮する絵が既視感バリバリだなあ、とか
コマを割る感じの画面を使って
時間経過を圧縮してダラダラ時間かけないのは相変わらずだけど
こだわるところにはものすごい尺割いてるなあとか
そんな感じでした。
あちこちすんごい、観る人向けにハッタリ効かせてる感アリアリ。

飽きないし目が離せないし
映画館というハコの中で作品に没入できるって意味では佳作だと思います。
が、観る人を選ぶであろうなあ…というのは想像に難くありません。
『アーサー王と円卓の騎士』がわからないとまずダメでしょ。

この映画を一番楽しめるのはやっぱイギリスの人かしら。

激しくネタバレ要注意


アベンジャーズ Age of Ultron 書き忘れ [映画]

アベンジャーズの一作目が
キャプテン・アメリカ1.5
 兼アイアンマン2.5
 兼アベンジャーズ だったのが
今回は見事にアベンジャーズ2になっていたところが素晴らしいと思います。

あと前作やソーDWであまりにロキの存在感が大きすぎて
アベ2大丈夫かなあ、と心配してたんですが
全然問題ありませんでした。
キャプテン・アメリカWSからの繋がりの
説明不足はどうにもならないですけれどもね。

ニックもヨーロッパに潜伏してたはずなんだけど、
どーやってあれ準備したんだ、とか。

まあ、もしかしたらカットされたところに入ってたかもしれないので
いつかきちんとわかるといいなあ、と思います。
オリジナル版は3時間半あったっていうし…。

にしても、管制官やってる人
キャプテン・アメリカWSにも出て来たあの人ですよね?
ちょっと嬉しかった。

あとアベンジャーズシリーズというと声優がどうのって話が
いつも問題にされてますけれども
今回はそんなの気にしてる暇、全然ありませんでした。
ものすごくスピーディーなので話に集中できたってことかも。
気になった人は気になったかもしれませんが
私は気になりませんでした。

ワンダのあれ。イヤボーン、とか言うなよ。
彼女の原作での本気のイヤボーン("No more Mutant.")はあんなレベルじゃないから。

気になる人は「ハウス・オブ・M」を読もう。

(…書き忘れ補填なので、いつになく散漫)

CRAFTED [映画]


『スーパーサイズ・ミー』のモーガン・スパーロックさんが手がける
ショートムービー(25分)のPVです。
手作りナイフを作る男性たち
サンフランシスコのレストランのオーナーカップル
日本の伊賀の焼き物窯元
の手仕事ドキュメンタリーだそうで、
なんかアメリカのAmazonでは無料配信されているとのこと。
羨ましいなあ。

と思って、Amazon.com行ってみました。
デジタルコンテンツはアメリカ国内に住んでる人でないと
アカウントあってもダメ、だそうです。
残念。

いつか、きちんと本編が見たい。

ベイマックス [映画]

観てきました。
マーベルのロゴは出なかったけど
スタッフロールの後にスタン・リー御大が出て
盛大に笑ってしまいました。

行くと決めて前売り買ってあったにも関わらず
なんか行くのめんどくさーいと二週間ぐらいうじうじして
ようやく観て来たのですが、
映画館で観てよかったなあと思いました。

というのも、
空を飛んでいるときの浮遊感は
自宅鑑賞で感じるのは難しいだろうなあ、ということと
自宅の音響設備ではベイマックスとヒロが虚空に突入した瞬間に
全ての音が消え去ったあの感覚を再現することはできないだろうなあ、
ということがあるからです。
3Dだったらもっと楽しかったのかも…。

もちろん、話を追うだけなら、自宅鑑賞で十分だと思います。

とても脚本がよくできてて
 笑え!→はい、笑います!
 泣け!→はい、泣きます!
というポイントがとてもわかりやすい。
そして笑えて泣けます。

国や文化を越えて、
感情のツボを的確に刺激するところを押さえている感じ。

ベイマックスがケアロボットという設定になったのも
ベイマックスとヒロの行動の動機づけをするために
必要なことだったんだなあ、という感じです。

ベイマックスはロボットで感情がないから
「かわいそう」とか「助けてあげたい」とかそういう
感情的なもので行動するようにはできていなくて、
彼?が何かを決めるときには
「そう作られているから」ということが全ての行動原理になります。
そういうベイマックスの「仕組み」がどういうことなのかが
ちょっとくどいぐらい繰り返し話の中で示されて
クライマックスシーンに繫がるようになってます。
その積み重ねが、とてもうまい。

2014年の
一番よかった作品は「キャプテン・アメリカ ウィンターソルジャー」で
一番楽しかった作品は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」でしたが
2015年は
一番よかった作品も一番楽しかった作品も「ベイマックス」でスタート。
メディア発売が今から楽しみです。


続きを読む


カールじいさんの空飛ぶ家 [映画]


カールじいさんの空飛ぶ家 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

カールじいさんの空飛ぶ家 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray


録画してもらったのを観ました。
冒頭のカール少年がカールじいさんになるまでの物語が切ない。
人間、大人になってからって
泣きたくても泣けないときってあると思うんですが、
思い切り泣くために観るのにオススメ。

目の塩抜きが必要になるんじゃないかっていうぐらい
どばどば泣きましたが、泣いた後とてもすっきりしました。

言ってしまえば夢物語なわけですが、
その夢物語を実現するカールじいさんを取り巻く状況が
なんともリアルで、
現実と地続きであるがゆえに
夢物語が引き立つ…という側面がある物語でした。
カールじいさんに感情移入しやすい作りと言ってしまえば
それまででしょうか。

しかしなんというか、
名誉欲ってやつは恐ろしいもんですね。
見返してやるんだって気持ちに飲み込まれてしまったら
取り返しのつかないことになるかも…と作中の某氏を見て思いました。

多分、大丈夫 [映画]

大岡監督のショートムービー。
「クォータースターコンテスト」という、
15分短編演劇動画コンテストの出品作品です。
http://entre-news.jp/2014/09/16170.html

多分、大丈夫
http://youtu.be/hAC9FSAxvA8
劇団ぎんなん
作・演出 大岡俊彦
出演 川久保拓司 平沼紀久 大谷英子

飲み屋で駄弁る幼なじみどうし。
「実はあのとき、こうだったんだ」という
子供時代の他愛無い打ち明け話から
二人がさりげなく互いをカバーし合って来た
良いコンビだということが垣間見えます。

(嫌みじゃなしに)男らしいお話。
でも、マッチョな話ではないです。
こういう友情を育めたらいいなあ、という願望が
ちょっと見え隠れするかも。
長い話ではないので、見てみてください。

続きを読む


今年は沢山映画観たけど [映画]

まだホビットとベイマックスが残ってるし
来年以降もすごいことになっててもうどうしようって感じですね。
2016年が楽しみだなー。

2015
05月01日 The Avengers: Age of Ultron (Marvel)
07月17日 Ant-Man (Marvel)
08月07日 Fantastic Four (FOX)

2016
02月12日 Deadpool (FOX)
05月06日 Captain America 3 (Marvel)
05月27日 X-Men: Apocalypse (FOX)
07月08日 Doctor Strange (Marvel)
11月11日 Sinister Six (SONY)

2017
???月???日 Venom Carnage (SONY)
???月???日 Unannounced Female Character Spider-Man Movie (SONY)
03月03日 Wolverine 3 (FOX)
05月05日 Unannounced Marvel Movie
07月14日 Fantastic Four 2 (FOX)
07月28日 Guardians of the Galaxy 2 (Marvel)
11月03日 Unannounced Marvel Movie

2018
???月???日 The Amazing Spider-Man 3 (SONY)
05月04日 Unannounced Marvel Movie
07月06日 Unannounced Marvel Movie
07月13日 Unannounced FOX Movie
11月02日 Unannounced Marvel Movie

2019
05月03日 Unannounced Marvel Movie

アメスパはまだ観てないんだけど、どうしよう。
予習しておいた方がいいかなー。

聖闘士星矢LoS その2 [映画]

LoSに物申したいことがあるとすれば
聖闘士社会では結構ヒエラルキーが厳然としているはずなのに
日帰り旅行ノリで聖域に喧嘩売りに行っちゃうところかなー。
そんなんだから、覚悟が足りないって怒られるんだよー。

そして、誰が味方で誰が敵で…って選り分けてみたんですが
ムウ、アルデバラン、シャカ、(アイオロス):味方
アイオリア:洗脳解かれたら味方
デスマスク、サガ:敵
ミロ、シュラ:敵だったけど説得されて中立
老師、(アフロディーテ):不在

LoSカミュは敵でも味方でもなくて
弟子に喝入れたかっただけで
挙げ句の果てに
絶対零度にも
セブンセンシズにも目覚めていない弟子に
返り討ちにされてしまったことに気づきました。
しかも、自分の技コピーされて。
技コピーは原作通りだし、絶対零度到達してたかもしれないけど、
そこんとこはあんまりはっきりしておりません。

なんかものすごく残念な人になってるよ!<(T∀T )>
流れそのものは原作から変わってないんですが
氷河の成長過程がはしょられた結果、
半人前の弟子にぬっころされた的な残念さです。


宝瓶宮のビジュアルはものすごく綺麗だったんですけどね。
師匠、クオリティ低すぎ。