So-net無料ブログ作成

乙嫁語り 第四十六話『湿板写真』 [漫画]

スミスさん、新型カメラとご対面するの巻。

文字にして記録するのが難しいものを写して
100年、200年先まで残したい。
そういう気持ちでカメラを用意してもらったスミスさん。
ホーキンズに教えを請いながら
薬剤の調合、撮影、現像を試してみます

写らないでござる。写らないでござる。

続きを読む


乙嫁語り 第四十五話『約束』 [漫画]

A子さんの恋人。
A子さんパートに戻りました。
実家のお母さんに促されて置きっぱなしにしていた物を
整理して身軽になるお話でした。
いよいよ決着がつきそうです。

さて、乙嫁語りはスミスさんとタラスさんのお話の続き。
もうタラスさんの旦那さんは帰ってしまったようで
登場しませんでした。

続きを読む


アルスラーン戦記9巻 [漫画]


アルスラーン戦記(9) (講談社コミックス)

アルスラーン戦記(9) (講談社コミックス)

  • 作者: 荒川 弘
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/05/09
  • メディア: コミック



サリーマさまがかっこよすぎる9巻です。
サリーマさま、とても良い方だし美人だし頭いいしで
お仕えするならこういう人がいいなあと思うんですが
アニメでは出番がなかったそうで、とても残念_(:3ゝ∠)_

表紙は誰かなあと思ったらジャスワントでした。
色白すぎて一瞬誰かわからなかったでござる。

続きを読む


乙嫁語り 第四十四話 『あれから』 [漫画]

先月のA子さんの恋人が
あいこちゃん話だったせいか
なんかぐーんと後ろに下がってやばす。
秋田弁ばかりで読み辛かったからかな。
アンケート出そう。

さて乙嫁語りは
タラスさんがスミスさんと別れてからアンカラで再会するまでの
タラスさん側のお話。

続きを読む


シャーリー『不安な夜』 [漫画]

今月のハルタ。
ハクミコの行列に並ぶミコチとコンジュのお話が
心情的にあるある。
待ってる時間も楽しめるかどうかで行列って気分が変わる。

『乙嫁語り』はおやすみで『シャーリー』掲載。
いつもの安定のベネットさんとシャーリーです。

続きを読む


Under the Rose 10巻 [漫画]

最新刊読みました。
やることなすこと非道すぎて
もうアンナをアンナさんとは呼べない。


Under the Rose (10) 春の賛歌 (バーズコミックス デラックス)

Under the Rose (10) 春の賛歌 (バーズコミックス デラックス)

  • 作者: 船戸 明里
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2017/12/21
  • メディア: コミック


続きを読む


乙嫁語り 十巻 [漫画]

最新刊です。
第六十二話『狩猟肉』から
第六十八話『再会』までを収録。
カルルクの武者修行?に始まり
スミスさんの近況とタラスさんとの再会まで、ですね。

連載時に『国境の街にて』だったエピソードが
『国境の村』に改題された以外は大きな変更はありません。

追加情報的なものは
「あとがきコンコンマンガ」で、
スミスさんとホーキンズさんの馴れ初めについて
さらっと触れられているのと、
ユーラシア大陸での冬の過ごし方についての豆知識。

続きを読む


乙嫁語り 第四十三話 『寒中歌』 [漫画]

今月号のハルタは『青武高校あおぞら弓道部』が最高に良かったです。
自分の弱さに立ち向かうのって難しいものですよね。
「勝てればいい」のではなく、きちんと弓を引けるようになりたい。
そういう思いを持ったキャラが仲間に加わります。
いいぞいいぞ〜。

さて、乙嫁語りですが
今回はイラストストーリー仕立て。
冬の日常からお出かけまでを
アミルの視点から12pで描いています。
相変わらず書き込みがすごいです。

続きを読む


乙嫁語り 第四十二話 『再会』 [漫画]

A子さんの恋人。
女子こええええとか言ってたけれども
ゆうこちゃんのとても良いところをポンッと紹介されて
ゆうこちゃんって素敵だなあと思いました。
見えないところでそういうことができる人はすごいなあ、的な。

さて、乙嫁語りです。
サブタイトルはダブルミーニング。

続きを読む


乙嫁語り 第四十一話 『山道にて』 [漫画]

A子さんの恋人。
自分はヒロ君的思考が強いので
今回は女性陣の毒気がちょっとキツかったです。
あーうー。
あれが普通なのか?そうなのか?

続きを読む