So-net無料ブログ作成
検索選択

真田丸『前夜』 [テレビ]

ただひたすら、辛い回でした。
大坂城に入ったときからずっと
「私は勝つために、ここに参ったのです」
「負ける気がしないのです」と
ずっと言い続けていた信繁が、ついにその言葉を口にしなくなった。

もう一切の勝算はない。

続きを読む


刀剣乱舞花丸第二話 [テレビ]

OPに並んでEDの練り込み具合が良いです。

一方、本編は本丸での人間関係がメインで
戦闘はおまけみたいな感じ。
「本丸の花丸な日々」を描くのが主眼の作品であって
アクションものではないので
戦闘シーンにはあんまり期待していません。
公式二次派生作品だよね〜ぐらいの
ゆる〜い気持ちで見てるので特に引っかかりは感じません。

雑に扱われてるなあという感じもしませんしね。

逆に言うと、当たり障りがない、とも言えます。

とはいうものの
劇中で突然柔軟仕上げ剤のCMが始まったときには
どうしようかと思いました……。
ああいうところにも
製作委員会とかの意向が反映されるものなのかなあ。

刀剣乱舞花丸第一話 [テレビ]

OPからして盛り沢山な今作。
普段はアニメは見ないのですが12話だけだし
いいかなーということでだいぶん気楽に視聴を開始しました。

OPはね、歌詞に「雅」って入ってる時点で
あそこが歌仙さんだっていうのはわかっていましたけれども
ピンで尺も長くて嬉しかったです。

しかしよくもまあ47人も詰め込んだものです。
来派はさらっと流されましたが_(:3ゝ∠)_
虎徹三兄弟はOPでも(真剣必殺同様に)サービスがよろしかった…。

続きを読む


草刈正雄さんが [テレビ]

ブログを始められました。
草刈正雄オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/masaokusakari/entry-12140887439.html

『真田丸』は激動と波乱に満ちていますが
草刈さんのブログはのんびりゆったりした感じでなごみます。

真田丸 第一話 [テレビ]

実のところ、
武田氏周辺についてはあまり詳しくないのですが
とても理解しやすい、無理のないストーリー展開で
楽しく見ることができました。

誰もがみな生き残るのに必死だったあの時代、
守るべきものを守るために
裏切ることを選ばざるをえなかった立場にある人物に対する
温かい眼差しを感じるような第一話でした。

密謀を張り巡らせて
見返りを期待して裏切るとかそういうんじゃなくて
このまま大きな波に飲まれることは避けられないから
ならばせめて自分の一族だけでも守りたい
それは
小山田にしたって真田にしたって
そして穴山にしたってみんな同じなわけです。

逆に言うと、武田家の矜持を捨てられなかったがゆえに
武田勝頼は滅ぶしかなかったのかもしれない。
時代が変わるなら、
その変化についていけて初めて道が開けるのかなあ…と
ふと思いました。

怪奇大作戦 ミステリー・ファイル [テレビ]

帰省している間に、姉に録画してもらったものを観ました。
今っぽい小道具を使っているのに
作品がまとっている雰囲気はレトロ
(タイトルが○○大作戦なあたりからして、レトロ)。
円谷だわーって感じでした。
ちょっぴり江戸川乱歩っぽい感じだったりもしました。
なんというか、
何かに対する執着、執念が狂気を生み出す話が多かったなー(小並感)

犯人のアジトが廃工場だったりするあたりは妙に生々しくて
なんともいえない気分になりました。
すぐそこにいますよ、って感じで(いや〜ん)

ホワイトカラー [テレビ]

帰省中、これでもかこれでもかとかかっていたので
ホワイトカラー漬けになってしまいました。
ていうか、帰省中は

起きて食べてDlife見て寝て
起きて食べてDlife見て寝て
起きて食べてDlife見て寝て

って感じだったかもー。

ピーターとニールの関係が
上司と部下じゃないのに信頼しあえてて
ピーターの頭の回転の早さが
ニールのキレキレっぷりを上手にアシストしてるっていうあたりが
クールでいいなー、と。

ちょっと前なら
スパイ作品としてやってるだろうなあという内容を
詐欺師の潜入捜査モノとしてやってるってのもなんか面白い。

今時中折れ帽被ってる人なんかいるのかなー?
とも思うけど、
そういうところどころレトロ色を出してるところも
この作品の魅力かもしれません。

しかしー、雑魚の悪人から
ニールの相棒、ピーター・バークまで
なんでみんなドイツ系の苗字かなー?
(ケラー、ガンツ、アトラー。アトラー死んだけど
次シリーズの敵はケラーっぽいからvsドイツ系路線はまだまだ続く?)

今度の聖闘士星矢は [テレビ]

学園ものってw
もしかしてX-MENエボのとき
アメリカの濃いX-MENファンの中には
ふざけるなああ と思ったひともいたんだろうか…とふと思った。

でもローラが今人気キャラになってるのを考えると
エボはそれなりに受け入れられたのかもしれないし
あれは元々パラレル多いからなー。
っていうか星矢もそれに近い状態になりつつあるか。

うーん。
同じ好きなようにやって
うまくいった風小次ドラマと
今回のωとの温度差がすごすぎる…。
どっちも若手を食べさせるための時間枠とはいえ…。

tiger & bunny #5 [テレビ]

もしかしたらこの回が一番好きかも。
この話が一番、ハリウッドの連続ドラマに雰囲気が似てます。
バーナビーの誕生日をサプライズで祝おうとするヒーローたちが
みんなズレてズレてズレまくってるのが微笑ましい。

「君たちのせいで
 練習した芝居が無駄になってしまったんだ(笑顔で怒ってる感じ)
 折角覚えたのに!(ピキピキ)
 スカーァアアアアイ ハーイ!」

とか

「私だって…キメ台詞が言いたかった
 ずっと待ってたのに
 路地裏で一人佇む私…(ちょっと自嘲気味)
 とても寂しかった」

「いや、遠慮しておくよ
 ここは彼らに任せてみようじゃないか
 だって今日は、特別な日だろ(ふわっと笑う感じ)」

って
スカイハイさんが輝きすぎです。
特に「特別な日だろ」のあたりがナイスガイすぎる。
キースは天然だけどいいやつ。
時々天然すぎて今までどうやって生きてきたんだろうと
思わずにはいられないけど〜。
こういう人と友達になりたいなー。

しかしなんというか
主役二人の初・必殺技?ファイナルベント?があんな人を相手にキメられたのは
ちょい悲しい。

タイバニ。 [テレビ]

なんていうか
虎徹がシングルパパであるせいもあるけど
ここまで父と子の関係と父性について描写してるアニメって
なんか珍しいと思いました。
虎徹と楓
バーナビー父とバニー
カリーナ父とカリーナ
レジェンドとユーリ

マーベリックとバニーも擬似親子だしねー。
しかも父と息子の関係はみんな「父親の死」が介在してる。
ユーリはファザコン&エディコンこじらせすぎてるし。

いろいろ謎なのだわ。