So-net無料ブログ作成
検索選択
写真・カメラ ブログトップ
前の10件 | -

今年も桜が咲いて [写真・カメラ]

いつだっけか、リバーサルフィルムで撮ったのと同じ桜を
iPodで撮影してみました。
が、加減がわからないんで何を撮りたかったのか
よくわからないものになってしまいました。

写真って難しいですね。
sakura.jpg
っていうか、もっとiPodで撮るのに慣れないとダメかも。

公式サイトにも [写真・カメラ]

出ちゃいましたね。
ディケイドピンク

劇中で使ってるストラップもセットにしてくれれば
もっといいのにねー。

ていうか、こういう時こそチャンスなのに
日本の某フイルムメーカーは間が悪いなあ
とか思ったりしないでもない。

続きを読む


ディケイドカラーのが [写真・カメラ]

日本でも限定発売されるようですね。
実際使ってみた身としては
二台目はいーらない って感じです。

続きを読む


ベルビア100 [写真・カメラ]

彩度の高さが売りのこのフィルム。
でも春の日本の空を撮ってこの色はないんじゃないかなー
と思いました。
before.jpg
なんか空気感が地中海な感じじゃありませんかー?

続きを読む


やっぱり注意したいこと [写真・カメラ]

3本目の撮影が終わったんですけれども
フィルムが終わりの方になると
巻き上げが渋くなってきっちり一枚分巻き上がらず
前コマとのカブりが多くなります。

撮影開始時にはキリキリキリキリカチッ
って感じでちゃんと一枚分巻き上がったなって感触があるんですが
後になるとそれがアヤシくなっていきます。

続きを読む


やっぱり [写真・カメラ]

このカメラは「遊ぶ」ためのカメラなんだなあって思いました。

cherry2.jpg
こんな感じで二重露光とかしちゃうわけで。
大事な写真はこのカメラでは撮らない方がいいかもしれません。

続きを読む


フィルム3本目 [写真・カメラ]

1本目はおしゃか
2本目は現像中。きれーにうつってるといいなあ。
3本目はどうしよう。旅行記にしてみるかなー。
とりあえず青森の桜は撮影したいです。

昔から憧れの存在でした [写真・カメラ]

小学生〜中学生の頃は天文写真が大好きで
姉と一緒に月刊天文やスカイウォッチャーを購読していました。
読者の投稿写真にフジクロームやエタクロームといった
リバーサルフィルムがよく使われていて
その色の美しさに感動しつつ
いつかきっと使ってみたいなあ、リバーサルフィルムで
きれいな天体写真を撮りたいなあ

そんな夢を持った時代もあったわけです。

続きを読む


使う上での注意 [写真・カメラ]

本体に24×35mmのフレームが最初から装着されてるので
フルサイズで撮影したい場合にはフィルム入れた後、
蓋を閉める前にフレームがつけっぱなしになってないか
確認が必要です。
撮影始めちゃったらそのフィルムが終わるまで
フレームは外せないので。

あと、36枚撮りでも33枚ぐらいまでしかカウンターが回りません。
無理にフィルムを巻き上げようとすると
フィルムがパトローネから抜けてしまって
泣くに泣けないことになります。
フィルム巻き取りの感触がしぶくなったら潔くそのフィルムは終わりにすること。

続きを読む


ボディカラー [写真・カメラ]

BBFのボディーカラーは

今のところ日本国内では公式サイト通販は青、黒、オレンジの三色。
期間限定の赤、白、黄は今も市場に出回っているようです。
有隣堂の店頭では赤、白、青、黒、オレンジの5色展開でした。

発売初日限定で茶色と黄色が出たようですが
その時の黄色が今も店頭で見かけるレモンイエローと同じかどうかは
よくわかりません。

ディケイドで士が使ってるピンクは日本国内では販売されていませんが
海外のネットショップなどで取り扱いがあるようです。

たとえば、こちら

うーん。
日本で限定色扱いだった色、あちらではレギュラーなんですね。
しかし本体が79.99ポンドで送料が50ポンドです。
とてもじゃないですが、手が出ませ〜ん。
前の10件 | - 写真・カメラ ブログトップ